glo(グロー)とIQOS(アイコス)の違いと比較

まだ発売前のglo(グロー)ですが、分かる範囲でIQOS(アイコス)と比較したいと思います。

大きく違うのは以下の7点です。

●glo(グロー)は4000円、IQOSは9980円(キャンペーン割引で6980円)

●glo(グロー)は約40秒待てばもう1本吸える。IQOSは6分の充電が必要

→glo(グロー)はほぼ連続吸いが出来る

●glo(グロー)はIQOSのようにチャージャーとホルダーに別れていない

●glo(グロー)は1本につき約3分吸えるが、IQOSは約6分吸える

→IQOSの方がコスパが良い(gloだと本数が増える)

●glo(グロー)は1回の充電で約35本分吸えるが、IQOSは1回の充電で約20本

glo(グロー)は品薄状態だけは出来る限り回避すると発表、IQOSは現在も品薄状態

●IQOSは4種類のたばこが出ているのに対し、glo(グロー)は3種類のみ販売。

一番大きいのが、glo(グロー)はほぼ連続吸いが出来るが出来ることでしょうか。

IQOSの場合これが出来ないので2台持ちする人や、
通常のたばこと併用している人が多いのが現状。

gloは連続吸いがほぼ出来るので、たばこから完全移行する人が増えるかもしれません。

一方、IQOSがgloに勝っているのは、1本あたりの吸える時間が約2倍になっていることですね。

その分gloは本数が増えてしまい、コストがかかると予想されます。

このように、glo・IQOSどちらにもメリット・デメリットがあります。

一概にどちらがいいとは言えないと思うので、あなたに合う方を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ