平尾誠二同志社ラグビー戦績

ラグビー界のレジェンド平尾誠二氏が同志社大学ラグビー部時代
どのような成績を残したのかまとめたいと思います。

平尾誠二氏在籍時の同志社大学ラグビー部戦績

1981年(1回生) 関西大学ラグビーリーグ優勝

1981年(1回生)  早稲田大学に敗れ全国大学選手権準優勝

1982年(2回生) 関西大学ラグビーリーグ優勝

1982年(2回生) 明治大学を破り全国大学選手権日本一

1983年(3回生) 関西大学ラグビーリーグ優勝

1983年(3回生) 日本体育大学を破り全国大学選手権日本一

1984年(4回生) 関西大学ラグビーリーグ優勝

1984年(4回生) 慶應義塾大学を破り全国大学選手権日本一

スポンサーリンク

以上のように、平尾氏在籍時の同志社ラグビー部は
関西大学リーグ4連覇、全国大学選手権日本一3回、全国大学選手権準優勝1回と、
1個先輩の大八木淳史氏とともに同志社の黄金時代を築き上げました。

ちなみに同志社大のラグビー部は1984年を最後に全国大学選手権で
日本一を達成しておりません。

つい10年前まではラグビーと言えば、
東の早稲田・慶應・明治・西の同志社の4強で、
関西においては敵なしのぶっちぎり状態でしたが、
現在は大学選手権でもベスト4にも入らず、
関西ラグビーリーグにおいても7年連続優勝を逃すなど、
同志社のラグビー部が低迷しています。

平尾氏・大八木氏が在籍していた当時のように
同志社の復活を願うばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ