IQOS(アイコス)を掃除すると故障してしまって赤いランプが点灯

IQOSを買って注意してもらいたいのが、
吸い終わった後に、ちゃんとキャップをあけてからたばこを抜かないと吸いカスがたまったり
まったく掃除していないと、味が変わったり、たばこが半分だけ抜けてしまって残りが
刺さったままになっていたりしてしまいます。

IQOSストアで購入すると、最初にクリーニングのレクチャーを受けるので、
はい、はいと聞き流さずにしっかりと聞くことが重要。

実際、私は吸いカスが詰まってしまって、
IQOS専用ブラシや綿棒等を使わずに、
その場にあった割り箸などの固いもので掃除しました。

すると真ん中の加熱棒が折れてしまい、いくら充電しても赤いランプがついたまま。

完全に故障してしまいました。

幸い1年保障があったので、IQOSストアに持っていくとその場で交換してもらえましたが、
これも1回きりで、次からは保障交換が効かず、またIQOSを予約してイチから買うことになってしまいます。

IQOSを掃除する頻度は、最低週に1回、できれば2~3日に1回は掃除するようにしましょう。

そして、IQOS専用のブラシや綿棒・つまようじは常に持ち歩いておいた方がいいです。

割り箸などの固いものでグリグリ中を掃除すると、加熱棒が折れてしまうので
固いものでは掃除しないようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ