プロ野球監督年俸ランキング

プロ野球監督年俸ランキング

1億2000万 金本監督(阪神)

1億 谷繁監督(中日)

1億 高橋由伸監督(巨人)

1億 工藤監督(ソフトバンク)

1億 梨田監督(楽天)

8000万 伊東監督(ロッテ)

7000万 真中監督(ヤクルト)

7000万 緒方監督(広島)

7000万 ラミレス監督(横浜)

7000万 栗山監督(日本ハム)

5000万 田辺監督(西武)

5000万 福良監督(オリックス)

総評

阪神金本監督が1年目にしてトップ。
阪神の歴代監督の1年目は和田監督、真弓監督、岡田監督と8000万だけに
1.5倍の年俸で期待度が高い。

現在は若い監督が多いので1億2000万でトップであるが、
以前は星野監督2億、野村監督2億、原監督3億、落合監督3億など
優勝・日本一など実績のある監督は2億以上に年俸も上がってくる。

現在、全体的にセ・リーグの年俸がパ・リーグに比べて高めで
セ・リーグが平均1億、パ・リーグが7000万前後となっている。

選手の年俸がこの10年で高騰しているが、監督の年俸は
ほとんど変わっていないか微増程度である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ