藤井フミヤと布袋寅泰の関係と仲

藤井フミヤと布袋寅泰の関係と仲

先日TOKIOカケルで、フミヤ氏が本番前に布袋さんの楽屋が隣で
挨拶してきたと話していましたが、2人はどういう関係なんでしょうか?

まず、2人は同世代で同じ1962年生まれ、
布袋氏の方が学年は1個上。

さらに、フミヤ氏はチェッカーズで83年デビュー、
布袋氏もボウイで80年代初期にデビューと同時期にデビューしています。

次に、藤井フミヤ氏の曲を布袋寅泰氏が3曲作っています。

1曲はドラマ主題歌にもなったシングル局であるハートブレイク。

2曲目がそのカップリング曲のLabyrinth。

3曲目がアルバム曲である、Tokyo Runaway Blues。

1995年の楽曲で約20年前の曲ですが、
ライブではよく3曲目のTokyo Runaway Bluesを未だによく歌っています。

楽曲提供がきっかけで、布袋氏の大人気曲スリルのバックコーラスを
BabyBaby・・・の部分をフミヤさんが歌っています。

それ以来2人は仲良くなり、布袋さんの家に遊びに行くようになり、
一緒にファミコンをしたと言うほど。

フミヤ氏のライブに布袋氏が来て、神戸で倒れるまで飲んだこともあるそうです。

なんかスピリタスを飲んで布袋さんが運ばれたとか言う話を著書で書かれていました。

音楽番組で一緒になった時もその後飲みに行ったりするらしく、仲がいいようです。

以上、藤井フミヤと布袋寅泰の関係と仲でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ