藤井フミヤとミスチル(Mr.Children)桜井の意外な関係

藤井フミヤとミスチル(Mr.Children)の意外な関係

フミヤさんの94年4月1日発売の2ndシングル女神(エロス)で
ミスチルの桜井和寿さんが初めて他のアーティストに楽曲提供を行いました。

当時ミスチルは、一般的にはまだそこまで有名ではなかったものの、
業界内ではかなり評価が高く、スタッフを通じて
ミスチルのアルバムを聴いたフミヤ氏が
桜井君に楽曲を頼んでみようということになり、
それを桜井さんが快諾。

前作のソロデビューシングルTRUE LOVEが200万枚を超える
大ヒットしただけに、2作目にかかる桜井さんのプレッシャーは相当なものだったと思います。

しかし、さすがの桜井さん。
2ndシングル女神が見事30万枚を超えるスマッシュヒットとなり、
曲を書いたミスチルの桜井氏が一気に注目を浴びるようになります。

その2か月後にミスチルが発表したInnocent worldが見事オリコン1位に。

さらに既に発表していたCROSS ROADも同時にオリコンTOP10入りするなど
そこからミスチルは一気にスターダムへと駆け上がっていきました。

女神がミスチルの売れるきっかけになったと言っても過言ではないでしょう。

そういえば、未だMr.Children桜井さんとフミヤさんが一緒に女神を歌うところを
見たことがありません。

テレビでやったらかなり話題になると思うのですが、
どうでしょうか?

ぜひ見てみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タグ:

こちらの記事が人気です

Sorry. No data so far.

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ