藤井フミヤやっしゃんと呼ばれている理由

藤井フミヤさんが多くのファンの間では”やっしゃん”と呼ばれています。

コンサートや観客が入ったテレビ番組の声援とかでも
やっしゃんと耳にすることがあります。

この”やっしゃん”とは、フミヤさんの小学校時代からのあだ名だそう。

九州では~ちゃんの代わりに~しゃんと語尾に使うらしく、
フミヤの”ヤ”を取って、”やっしゃん”となったようです。

特に、チェッカーズ時代からのフミヤさんファンの人は、
”やっしゃん”と呼ぶ人が多い気がします。

後、余談ですが、フミヤさんは同世代の年齢の近い人にフミヤさんと呼ばれるのに
抵抗があり、奥田民生さん(3歳下)、ウルフルズのトータス松本さん(4歳下)には
フミヤ君と呼ばせています。

奥田民生さんは広島にいる頃からテレビで見てた人だから最初呼びにくいと
いうことでしたが、今ではフミヤ君と呼び、
トータス松本さんは4歳下に兄貴がいるので、兄貴の友達に君付けで呼んでなかったからなぁ
と言いながら、今はフミヤ君と呼んでいます。

話は逸れましたが、以上フミヤさんがやっしゃんと呼ばれている理由についてでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ