LINEや電話の脈なしサイン

LINEや電話の脈なしサインの例を出します。

●返事が極端に遅い(2日後以上)

●LINEのラリーが続かない

●相手からのLINEがめちゃくちゃ短い

●向こうから?がない

●LINEでデートに誘っても断られ、代替案もない

●電話に出ない

●電話した後折り返しの電話、LINEもない

スポンサーリンク



次に、分かりにくいけど現段階では脈なしのサイン

●誘うと返事がいつも曖昧

●ラリーが続くときと続かない時がある

●返事が遅いけど返ってくるのは返ってくる

●気分屋と感じる

●電話に出ないが、LINEで後で謝罪のLINEが入る

総評

脈なしの場合、絶対攻めてはいけません。

ここで押すとしつこい人と思われて次第に嫌われて
遅かれ早かれ連絡が取れなくなります。

そうならない為にも用事がない内容のLINEはしないこと。

次に、現段階では脈なしの場合、
はっきりしないので攻めたくなりますが、ガツガツいくとここでもダメ。

というのも、脈ありの場合、相手から少なからずサインや手ごたえがあります。

それがないのなら、正直現時点では脈なしなので、
相手のペースに合わせて、距離感に応じたLINEや誘いをしないといけません。

あなたは今どうでしょうか?

客観的に冷静に判断して連絡を取るようにして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ