関西弁”へん”の使い方で大阪出身か京都出身かが分かる

関西弁でも大阪と京都と神戸では微妙に違います。

それぞれの特徴をまとめたいと思います。

●大阪弁

標準語で”ない”を表す”へん”の使い方が
すべてエ段+へんになる。

例1)

行かない→行けへん

書かない→書けへん

つかない→つけへん

会わない→会えへん

届かない→届けへん

動かない→動けへん

しない→せーへん

ない→あれへん等

一方で、”~けない”は”かれへん”となる。

例2)

行けない→行かれへん

書けない→書かれへん

つけない→つかれへん  

会えない→会われへん

歩けない→歩かれへん

動けない→動かれへん等

大阪でも大阪市内や南大阪、兵庫県の大阪寄りの地域(尼崎・伊丹など)や和歌山は
上記の方言を使います。

大阪でも、京都寄りの地域や北摂では(寝屋川・枚方・高槻・吹田・茨木・摂津など)
例1のエ段+”へん”は使わず、京都弁と同じ、行かへん、書かへん、つかへんとなり、例2のみ使います。

スポンサーリンク

●京都弁

標準語の”ない”をそのまま”へん”に置き換える

例3)

行かない→行かへん

書かない→書かへん

つかない→つかへん

会わない→会わへん

届かない→届かへん

動かない→動かへん

しない→しーひん

ない→あらへん等

例4)

行けない→行けへん

書けない→書けへん

つけない→つけへん  

会えない→会えへん

歩けない→歩けへん

動けない→動けへん等

京都弁は京都のみならず、隣接する滋賀県や奈良県でも使われます。

また、先ほど述べたように大阪でも寝屋川・枚方など京都寄りの地域や
北摂などは京都弁に近い方言を使います。

このように、”へん”の使い方で
大阪出身か京都出身か概ね見分けることが出来ます。

他地域出身のあなたもぜひこれから注目して関西弁を聞き分けてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ