北海高校対聖光学院高校甲子園準々決勝試合日程と時間

北海高校対聖光学院高校甲子園準々決勝試合日程と時間

北海高校(南北海道)VS聖光学院高校(福島)

8月18日(木)第3試合13時から

総評

まず、直近の甲子園の勝敗を見てみると

北海2-1松山聖陵

北海4-1日南学園

聖光学院5-3クラーク国際

聖光学院5-2東邦

北海が総得点6、総失点2

聖光学院が総得点10、総失点5

北海高校は予選からエース大西投手一人が投げ切り、
安定の投球を見せている。

聖光は鈴木拓投手と斎藤投手の2人を上手に起用。

連日の登板で北海の大西投手が心配であるが、
予選からのずっと1人の実績があるので、序盤でつまずくことがなければ、
試合を作れると思うので、大西投手の出来さえよければ北海が有利と予想。

ただし、聖光は上位打線の調子がかなり良いのと長打力・機動力があるので、
先取点を取って勢いづけば、十分勝てる要素がある。

ベスト4がかかった試合は明日13時からです。

お見逃しなく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ