北海高校対秀岳館高校甲子園準決勝試合時間と日程

北海高校対秀岳館高校甲子園準決勝試合時間と日程

北海高校(南北海道)VS秀岳館(熊本)

8月19日(金)第2試合12時30分から

総評

まず、直近の甲子園の勝敗を見てみると

●北海 総得点13 総失点5

北海2-1松山聖陵

北海4-1日南学園

北海7-3聖光学院

スポンサーリンク

●秀岳館 総得点16 総失点4

秀岳館6-1常葉菊川

秀岳館6-1いなべ総合

秀岳館4-1常総学院

上記のように両チームとも総失点が少なく、
投手が安定。

ただし、北海はエース大西投手が連日の登板で
予選からずっと一人で投げ続けている。

今日は序盤で3点取られた後、持ち直した。

秀岳館は投手が4人おり、うまく予選から役割分担が出来ており、
総失点も少なく安定。

日程的に北海は休みなしの2日連続、秀岳館は1日休みと
やや秀岳館が有利と予想。

また、秀岳館は春の選抜ベスト4と実績もあり、機動力も今大会1.2を争うチームで
1点を争う展開になると秀岳館が有利。

一方で一発長打がある北海高校はランナーを貯めてガツンとホームランを打つ展開になれば
秀岳館はかなり苦戦するだろう。

明日第2試合12時半から試合開始。

お見逃しなく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ