花咲徳栄高校対作新学院甲子園3回戦試合日程と時間

花咲徳栄高校対作新学院甲子園3回戦試合日程と時間

8月17日(水)第2試合10時30分から

花咲徳栄(埼玉)VS作新学院(栃木)

総評

優勝候補である花咲徳栄はエース高橋投手が1人で3試合完投しており、
疲れが出ていないかどうかが試合のカギを握る。

埼玉のドクターKと呼ばれており、最速152キロの剛腕投手。

打線は予選からチーム打率389で甲子園でも長打も出ており、
得点力はかなりあり2試合でで13得点。

作新学院の今井投手も2回戦尽誠学園から13奪三振を奪い完封勝利。

打線はこちらも予選で432のチーム打率で、2回戦で4番入江選手はホームランも放っている。

打線、投手力ともにほぼ互角と言えるが、両投手がいいだけに
投手戦になると予想する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ