ローカル路線バス乗り継ぎの旅はガチか?やらせか?

ローカル路線バス乗り継ぎの旅はガチか?やらせか?

→完全にガチです。

収録2~3日前に打ち合わせはあるらしいんですが、
スタート地点とゴールを教えられてそれで終わり。

台本も紙1枚だけ。

その2日3日の間に自腹で下見することもやろうと思えば可能だけど、
それは絶対にないとのこと。

ただ、太川さんの本を読んでみると、本当に初期の頃は番組の方針もあやふやだったんで
100%ガチという訳ではなかったみたいです。

第1弾はスタッフがそれとなくヒントをくれていたような雰囲気があったし、
第2弾でここはバスがつがらないし、ロケ車に乗って移動しますか?と提案もあったそう。

その時第2弾のマドンナである相本久美子さんが
今はネット・SNSが発達している時代だからすぐ書き込まれてしまうから
ロケ車に乗るのは絶対止めて普通にゴールを目指そう!と発言し、
そこから番組の方針が決まったと書いていました。

もし、あの時ロケ車に乗っていたら、ここまで人気番組になっていなかったし、
おそらく番組自体もとっくに終わっていたでしょうと。

他に、タクシーの利用もバスはつながらない箇所に関しては、第4弾ぐらいまで
使っていたみたいです。

現在はバスがつながらないところは10キロでも20キロでも歩いていますが・・・・

あと、太川さん、蛭子さんもバスの中でどうしてもトイレに行きたくなった時に、
1回ずつ途中で下車させてもらって、やむを得ず、後からスタッフのロケバスで
追いかけたことがあるそうです。

ということで、ローカル路線バス乗り継ぎの旅はガチということでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ