尽誠学園高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

尽誠学園高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

香川大会予選 総得点48 総失点13

チーム打率367

香川大会予選

1回戦 尽誠学園10-0笠田

2回戦   尽誠学園9-1坂出商業

3回線 尽誠学園7-4丸亀城西

準々決勝   尽誠学園7-4小豆島

準決勝   尽誠学園10-3観音寺中央

決勝   尽誠学園5-1高松商業

スポンサーリンク

総評

9年ぶり11回目の出場の名門尽誠学園。

今年の予選では全6試合ですべて2桁安打を記録し、
チーム打率は367、4番松井選手は打率520を記録。

7番の宮川選手も打率5割でホームランも打てる長打力があり、
下位打線も気を抜けない。

エース渡辺投手はチェンジアップを取得し、投球の幅が広がり、急成長。

甲子園初戦では名門作新学院と対決。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ