北海高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

北海高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

南北海道大会予選 総得点50 総失点10

チーム打率397

南北海道大会予選

1回戦 北海6-0北星大学付属

2回戦   北海4-3札幌旭丘

3回線 北海10-0恵庭南

4回戦   北海11-2苫小牧中央

準々決勝 北海4-2北照

準決勝   北海8-1東海大札幌

決勝  北海7-2札幌日大

スポンサーリンク

総評

全国最多37回目の甲子園出場の北海高校。

エースで4番大西選手は伸びのあるストレート・キレのあるスライダーで
南北海道大会のほとんどを1人で投げ55奪三振を記録。

チーム打率379と高く、レギュラーメンバーのうち3人が打率4割以上をマーク。

機動力はあまりないが、犠打で確実にランナーを進めて、
ヒットで返す確実な野球をしている。

平川監督は98年から20年目のベテラン監督で甲子園経験も豊富。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ