落合GMと谷繁監督の確執・不仲の原因と真相

谷繁監督解任で連日スポーツ新聞等で落合GMとの確執が原因か?
等報道されていますが、実際のところどうだったのか?

一野球ファンとして思うところを書きたいと思います。

まず、一番気になったのが谷繁監督の退任時の以下のコメント。

「今のシステムでいうと、与えられた戦力でベストを尽くす。
そこに関しては、結果を出せなかったという責任がある。」

今のシステムでいうと、与えられた戦力で結果を出す・・・
この部分なんですけど、どうも、谷繁監督本人の意向がチーム編成に反映されず、
落合GMやフロント主導でのチーム編成になっているということを暗に意味しているのでは
ないかと思ってしまいます。

実際、谷繁監督に一切報告せずに落合GMが直接選手に引退勧告や戦力外通告をしていたと
話題になっています。

スポンサーリンク

ある選手が谷繁監督に引退のあいさつをしに行ったところ、
一切それを聞いていなかった監督が激怒したという話もあります。

選手のみならず、コーチもフロント主導で、谷繁監督の意向で決まったのは佐伯守備コーチのみ
という話も。

ドラフトでも谷繁監督の意向が反映されず、落合GM主導で行われていたという話です。

谷繁監督は来季も戦力と考えているのにも関わらず、勝手に戦力外通告をされ、
コーチ編成も球団フロント主導で勝手にされてしまい、ドラフトでも自分が取りたい選手を取れずに、
結局のところ谷繁監督の思うように指揮が取れなかったんじゃないでしょうか。

落合GMが就任した時、現場はすべて谷繁監督に任せると言っていたのに、
実際は球団主導ですべて編成されてしまったということに不信感を募らせていたんではないかと思います。

確執や不仲が実際のところあったのかは分かりませんが、
落合GMや球団フロントと谷繁監督のコミュニケーション不足だったことは間違いないでしょう。

以上、落合GMと谷繁監督の確執・不仲の原因と真相でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ