中日谷繁監督休養の理由と後任監督候補は?

中日谷繁監督が成績不振により休養、
事実上の解任で、合わせて佐伯守備走塁コーチも休養することになりました。

残り試合は森ヘッドコーチが指揮をとることに。

解任の理由は簡潔に言うと、成績不振です。

選手兼任監督から今季専任監督となった谷繁監督。
今季は現在まで104試合43勝58敗3分の勝率426の最下位、
借金は15と首位と16.5ゲーム差。

最近では8カード連続で負け越しと不甲斐ない結果が続いていました。

中日の途中休養は山田久志監督以来13年ぶり

今回の人事は中日白井オーナー・佐々木球団社長・西山球団代表の3人で決断したもようで、
落合GMは一切関与していないとのこと。

谷繁監督は、結果が全て。監督である私の責任。
ドラゴンズにきて14年半。皆さん、大変お世話になりました。
選手に対しては「悔いのない野球人生を過ごしてほしい」とコメント。

落合GMに対して聞かれると特にないとのことです。

谷繁監督の成績をまとめます。

2014年(1年目)4位 144試合 67勝73敗4分 勝率479

2015年(2年目)5位 143試合 62勝77敗4分 勝率446

2016年(3年目)6位  104試合43勝58敗3分 勝率426→休養

後任監督候補は、●小笠原道大2軍監督●森ヘッドコーチ●立浪和義氏●山崎武司氏●井上一樹氏●山本昌広氏
などが噂されています。

スポーツ新聞の各紙報道を見ると小笠原2軍監督が最有力のようですね。

落合GM・森ヘッド体制は変わらず、1軍監督に小笠原2軍監督を昇格案が有力みたいです。

まずは、今シーズンの残り試合をどう戦うかです。

今後のドラゴンズに注目したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ