高川学園高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

高川学園高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

山口大会予選 総得点53 総失点7

チーム打率374

1回戦 高川学園17-4防府西

2回戦 高川学園6-1南陽工業

3回戦  高川学園10-0下松

準々決勝 高川学園6-0宇部商業

準決勝 高川学園7-0鳴門

決勝 高川学園8-2宇部鴻城

スポンサーリンク

総評

本日履正社高校と第3試合でぶつかる山口県代表高川学園。

115年目の初出場と歴史のある高校である。

県大会ではエース山野投手がすべて先発し総失点7に抑え、
防御率は0.77、うち2試合でノーヒットノーランを達成するなど
履正社打線にも通用するほどの実力の持ち主。

カーブ・スライダー・チェンジアップなど変化球も多彩。

チーム打率は374、盗塁数は24と長打力はないが、
足をつかった野球とつなぐ打線で県大会では53得点を上げている。

本日の履正社戦は13時からなのでぜひとも注目してほしい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ