星稜高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

星稜高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

石川大会予選 総得点43 総失点14

チーム打率366

2回戦 星稜高校9-3小松西

3回戦 星稜高校7-0七尾東雲

準々決勝 星稜高校12-2小松明峰

準決勝 星稜高校8-4小松大谷

決勝 星稜高校7-5日本航空石川

スポンサーリンク

総評

今年の星稜高校は石川予選を投手7人で切り抜け、
打っては9本塁打と石川大会新記録を出し、
チーム打率も366と投打にバランスのとれたチームとなった。

北陸地区では頭一つ抜けた強さで、
甲子園でもどこまで勝ち上がっていけるか見もの。

ゴジラ2世とも呼ばれるエースで4番の寺西選手にも注目したい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ