夏の全国高校野球(甲子園)ベスト8進出校予想2016

夏の全国高校野球(甲子園)ベスト8進出校予想

●履正社(大阪)・・・西の横綱

●横浜(神奈川)・・・東の横綱

●智弁学園(奈良)・・・春のセンバツ優勝校

●前橋育英(群馬)・・・関東大会では横浜高校を下し優勝

秀岳館(熊本)・・・春のセンバツ4強で九州NO.1の実力校

花咲徳栄(埼玉)・・・絶対的エース高橋投手はなかなか打てない

●木更津総合(千葉)・・・春のセンバツ4強で大阪桐蔭を下す

●東邦(愛知)・・・地方予選全国NO.1の189校の頂点に立つ春夏連続出場校

総評

今年の甲子園ははっきり言って例年になくレベルが高いです。

特にピッチャーのレベルが非常に高く、
履正社の寺島投手、横浜の藤平投手、花咲徳栄の高橋投手などは
今秋のドラフト1位候補で、そう簡単に打てません。

投手力に加えて、履正社高校の4番安田選手は2年生ながら高校通算38ホーマーで
舞洲球場では場外ホームランを放つなど超高校級スラッガー。
横浜高校の予選14本塁打は大会記録で1番から8番までホームランが打てる選手が並びます。

履正社・横浜が上記8校の中でも頭一つ抜けていると言えるでしょう。

上記予想は開幕直後の予想なので、随時更新していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ