京都翔英高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

京都翔英高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

京都大会予選 総得点60 総失点8

チーム打率433

2回戦  京都翔英14-0久御山

3回戦  京都翔英11-0洛星

4回戦  京都翔英6-5北稜

準々決勝  京都翔英9-0京都文教

準決勝   京都翔英9-2立命館宇治

決勝  京都翔英11-1福知山成美

スポンサーリンク

総評

攻撃力・チーム打率は全国1.2を争うほどの破壊力があり、
京都大会では6試合中5試合がコールド勝ち。

打線は1番から9番まで点が取れる打線で、
打率4割を超える選手が6人いる。

中でも京都のドカベンと呼ばれる4番石原捕手はU15以下の日本代表選出選手で
高校通算42本の超高校級スラッガー。

投手は右のエース滝野選手と左のエース高向選手の2枚看板。

打線が爆発すれば、勢いは止まらない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ