九州国際大学付属高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

九州国際大学付属高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

福岡大会予選 総得点61 総失点22

チーム打率355

2回戦  九州国際大学付属9-2北九州高専

3回戦  九州国際大学付属13-0大和青藍

4回戦  九州国際大学付属7-3豊国学園

5回戦   九州国際大学付属8-3西日本短大付属

準々決勝  九州国際大学付属12-11自由が丘

準決勝   九州国際大学付属8-0真颯館

決勝  九州国際大付 4‐3 福岡工大城東

スポンサーリンク

総評

3年連続7回目の出場の九州国際大付属。

昨夏ベスト8の甲子園を経験した選手が5人いる。

夏の福岡大会では脅威の21連勝で、向かうところ敵なしの状態。

エース藤本投手は180センチを超える長身で最速148キロのストレートが武器で
スタミナ抜群で決勝でも完投した。

今年はとにかく打線が強く、長打力も機動力もあり総合的に良い。

1回戦では明日、盛岡大付属高校を当たる。

自慢の打線が爆発するか見ものである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ