花咲徳栄高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

花咲徳栄高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

埼玉大会予選 総得点68 総失点3

チーム打率389

1回戦  花咲徳栄14-3桶川西

2回戦   花咲徳栄15-0進修館

3回戦   花咲徳栄9-0入間向陽

4回戦   花咲徳栄10-0滑川総合

準々決勝  花咲徳栄9-0熊谷商業

準決勝 花咲徳栄5-0春日部共栄

決勝  花咲徳栄6-0聖望学園

スポンサーリンク

総評

花咲徳栄高校は圧倒的な強さを県大会で照明し、
準々決勝までコールド勝利、さらに1回戦以外すべて完封勝ちと勢いは止まらない。

エース高橋投手は今秋のドラフト目玉投手で最速152キロのストレート、
スライダー・カーブ・フォークと緩急をつけたピッチングも出来る超高校級投手。

チーム打率も389と非常に高く、4番5番のクリーンナップは長打力もある。

確実に今夏優勝候補の1つである。

期待して試合を見て欲しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ