東北高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

東北高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

宮城大会予選 総得点38 総失点11

チーム打率374

1回戦 東北8-0仙台工業

2回戦     東北7-5志津川

3回戦 東北6-3石巻

準々決勝 東北8-0東北学院

準決勝    東北4-3仙台育英

決勝  東北5-0利府

スポンサーリンク

総評

東北屈指の名門校東北高校は7年ぶり22回目の甲子園出場。

今年は1回戦から優勝候補横浜高校とあたる。

東北高校は投打のバランスが非常に取れたチームで
チーム打率374でレギュラー8人が3割以上をマークし、
エース渡辺投手は宮城大会すべてに先発し、防御率0.75と
抜群の成績を残している。

長打力はないものの足を積極的に使い、確実にバントで送ってくる
堅実な野球が出来るチーム。

今春の東北大会でも優勝しており、
優勝候補の横浜高校を倒す可能性も十分ある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ