広島新庄高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

広島新庄高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

広島大会予選 総得点48 総失点10

チーム打率366

1回戦  広島新庄18-1海田

2回戦   広島新庄10-0呉高専

3回戦   広島新庄6-0甘日市西

準々決勝  広島新庄5-4広島商

準決勝   広島新庄4-1崇徳

決勝  広島新庄5-4如水館

スポンサーリンク

総評

昨年に引き続き2年連続夏の甲子園出場の広島新庄高校。

エース堀投手は昨夏早稲田実業に惜敗したものの
甲子園を経験しており、さらには昨夏よりも直球のスピードも5キロほどアップ。
昨夏の経験を今回生かせるかどうかがカギとなる。

チーム打率は366と高く、犠打・盗塁も積極的に行い、
さらには状況に応じて、長打もあるチームで総合的にバランスが良い。

甲子園初戦は昨夏4強の関東一高。

注目の一戦になりそうである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ