秀岳館高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

秀岳館高校夏の高校野球全国大会戦力分析2016

熊本大会予選 総得点48 総失点13

チーム打率405

2回戦 秀岳館9-2熊本西

3回戦 秀岳館12-2済々黌

準々決勝 秀岳館7-6熊本工

準決勝    秀岳館7-1文徳

決勝  秀岳館13-2九州学院

スポンサーリンク

総評

センバツベスト4の秀岳館高校。

選抜よりも戦力がアップし、熊本予選ではチーム打率405、
盗塁数35と全国的にみてもトップクラス。

さらに投手が充実しており、予選では4人が登板。

うち3人が左腕で、全員140キロを超すストレートを持っている。

長打力がない打線ではあるが、つないで足で揺さぶって、
緻密な野球で今大会でも優勝候補の1つとしてあげられる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ