関西弁あれへん?あらへん?の違いと意味

関西弁でよく使う単語に”あれへん”と”あらへん”があります。

どちらも意味は同じで、”ない”の意味なんですが、
地域によって、”あれへん”を使う地域と”あらへん”を使う地域に
分かれます。

例)

関係あれへん→大阪・兵庫・和歌山で主に使用

関係あらへん→京都・奈良・滋賀で主に使用

ざっと大きく分けるとこのようになります。

大阪ではすべて下二段活用でエ段+”へん”になります。

例)

わからない→わかれへん

言わない→言えへん(ゆえへん)

書かない→書けへん

いない→おれへん

※大阪でも北摂(吹田・茨木・高槻等)や京都よりの地域(寝屋川・枚方等)では、
あらへんを使う場合が多いです。

スポンサーリンク

京都では基本的にそのまま”ない”の部分を置き換えるだけです。

例)

わからない→わからへん

言わない→言わへん(ゆわへん)

書かない→書かへん

いない→おらへん、いーひん

まとめると、大阪では”あれへん”、京都では”あらへん”を使います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ