関西の難関大学を東京の大学に例えるとどうなる?

関西の難関大学を東京の大学に例えるとどうなる?

京大→東大

阪大→一橋大

神大→千葉大

大阪市立大→横浜国立大

大阪府立大→筑波大

同志社大→明治・立教大(MARCH上位)

立命館大→青山学院大・中央大

関西学院大→青山学院大・中央大

関西大→法政大

近畿大→日本大

甲南大→成蹊大・成城大

スポンサーリンク

総評

東西で多少の難易度の違いはあるものの、
東京の大学に例えると上記のようになります。

関西は早慶上智のような最難関私立がないせいか、
上位校の受験生は、国公立志向の学生が多く、
京大・阪大・神大の御三家をまずは狙いにいきます。

御三家がしんどい場合、大阪市立大・大阪府立大の公立大を狙いにいく
ケースが多いです。

関関同立では同志社大だけ京大・阪大受験生も併願先として受験する為、
難易度的にやや頭一つ抜けていますが、
MARCH上位である明治・立教と同じぐらいの難易度です。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ