ローカル路線バス乗り継ぎの旅第23弾感想とネタバレ

ローカル路線バス乗り継ぎの旅第23弾を見た感想を書きます。

関西圏や北海道在住のあなたは、まだ放送を見ていないと思うので、
結末を知りたくない場合、見ないようにして下さい。

まず、今回3連敗は避けるということがテーマだったせいか
結構遠回りした割には意外とスムーズだったんで、
あまり難しくなかったのかと思います。

スポンサーリンク

とういのも、最初の方でバス会社の女の人が調べてくれた
ルートは4月から改正されてしまったのか、
バスが止まらないというハプニングがあり、トータル9キロも歩かされることに
なったにも関わらず、ゴールしたからです。

他にも、3日目だったか、朝に出発した旅館に
またバスで戻ってきてしまったりと、時間のロスはかなりあったはず。

この2つでも、かなりの時間のロスになったはずなのに、
ゴールしてしまったんだから、割と今回は易しかったんではないかと思います。

見どころは地元九州だったこともあり、
蛭子さんがややいつもより活躍していたこと。

途中太川さんにキレられるシーンもありましたが、
長崎についてはやはり蛭子さんは土地勘があるせいか詳しかったと思います。

ゴールで蛭子さんの兄と姉がそろって登場。
目が細くかなり似ていたのには驚きでした。

マドンナのはいだしょうこさんは歌のおねぇさんだったこともあり、
終始ニコニコしていて、歴代マドンナの中ではかなり愛嬌も良く、
2人との息も合っていたように思います。

3人仲良く混浴していましたしね。

バス旅は今回で沖縄県以外都道府県完全制覇したそうです。

後は、視聴率がどうなったか?

またこのブログで報告したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ