よく使う関西弁一覧

よく使う関西弁一覧

●~へんわからへん(分からない)、でーへん(出ない)、見えへん(見えない)

”ない”の部分が”へん”になる

●~ひんみーひん(見ない)、きーひん(着ない)の等 

ひんの前がイ段の場合「ひん」を使用

●きーひん、けーへん、こーへん来ないを京都ではきーひん、大阪ではけーへん、神戸ではこーへんと言う。

しかし、最近ではけーへんかこーへんが主流で若い人はこーへんを使うことが多い。

●~かれへん行かれへん(行けない)、歩かれへん(歩けない)、泳がれへん(泳げない)

~けないを大阪や兵庫では~かれへんと言う。 

京都や滋賀では行けへん(行けない)等そのまま”ない”をへんに変える

●~われへん→使われへん(使えない)、会われへん(会えない)、買われへん(買えない)

~えないを大阪や兵庫では~われへんと言う。

京都や滋賀では使えへん(使えない)等そのまま”ない”をへんに変える

●~やんええやん、うまいやん等

関東の~じゃんを関西では~やんと言う

●否定のやん・・・寝やん→寝ない、出やん→出ない、できやん→出来ない、抜かれやんように→抜かれないように
・・・大阪市内南部から南大阪地方、三重でよく使われる。

●よう~ん(否定)・・・よう言わん(とても言うことができない)、ようせん(とてもすることが出来ない)など否定の意味でよく使う

●~はる→行かはる(行かれる)、来はる(いらっしゃる)等

関西では尊敬語の意味で”はる”をつける

●~せんどいて(~せんとって)・・・・~しないでの意味 例)来んといて→来ないで

●おかん・・・お母さんの意味

●おとん・・・お父さんの意味、おかんに比べるとあまり使われない。他地域同様親父の方が使う。

●あかん・・・関西弁でダメの意味

●ほんま・・・関西弁で本当のこと

●けったい・・・関西弁で変わったという意味 けったいな子→変わった子

●いらち・・・関西弁でせっかちのこと

●へたれ・・・関西弁で根性なし、ビビリの意味

●いじびる・・・調子に乗るの意味

●つれ→関西では友達のことを”つれ”と言う

●さら関西では新品のことを”さら”と言う これさらなん?→これ新品なん?

●おおきにありがとうの意味、現在は年配の人や商売人の人がよく使う

●あのねあのですねの意味、関西では親しみを込めて、目上の人にもあのねをよく使用

●めばちこ→ものもらいの意味、老若男女関西では使われる

●買うた(こーた)・・・買ったの意味。40代以上で比較的よく使われる。

●言うた(ゆーた)・・・言ったの意味。買うたや会うたは若い人はあまり使わないが、言うたは若い人でも多用。

●会うた(おーた)・・・会ったの意味。40代以上で比較的よく使われる。

●~とう・・・神戸地域では~してるを~とうを多用する。起きてる?→起きとう?等

●~してん・・・~したのことを~してんと関西では言う。例)昨日USJ行ってん等

●~せんと・・・~しないでの意味。今日は寝んと会社に行く→今日は寝ないで会社に行く

●ウチ・・・関西弁で私のこと。女性が自分を指す時に使われる。最近は関東でも使われる。

●自分・・・あなたのことを関西で自分と言う。例)自分それあかんで!等

●きもい・・・関西弁で気持ち悪いのこと。同義語きしょいは気色悪いの意味。最近は関東でもよく使われる。

●ぎょうさん・・・関西弁でたくさんの意味、ぎょうさんあるなぁ→たくさんあるなぁ等

●おちょくる・・・関西弁でからかうの意味

●~なんだ・・・奈良限定でよく使わる言葉で「書かなんだ」→「書かなかった」等否定の意味で使われる言葉

●~よった・・・神戸・播州地区でよくつかわれる言葉で、~したの意味。寝よった→寝た等

●ばり・・・神戸でよく使うとてもの意味。ばり疲れた→とても疲れた等

スポンサーリンク

●ほかす→捨てるの意味

●ひまかかる時間がかかるの意味。年配の人がよく使う。

●こしらえる作るの意味。年配の人がよく使う。

●なおす→しまっておく、片付けるの意味。これは関西ではかなりよく使う。

●がめつい→強欲な、目先の利益に対して欲が強い様子。

●ベベ→ビリ(最下位)の意味

●かめへん→かまわないの意味

●おれへん・・・大阪弁でいないの意味。京都・滋賀・奈良では”いーひんorおらへん”と言う。

●おまへん・・・大阪弁で”ない”の意味。年配の人がまれに使うが、あまり現在は使われない。

●わかれへん大阪弁で”わからない”の意味、京都・滋賀・奈良ではそのまま”わからへん”となる。

●行けへん大阪弁で”行かない”の意味、行けないは行かれへんとなる。京都・滋賀・奈良では行かへんとなる

●あれへん大阪弁で”ない”の意味、京都・滋賀・奈良では”あらへん”となる。

●あえへん大阪弁であわないの意味、あえないはあわれへんとなる。京都・滋賀・奈良では”あわへん”となる。

●ゆえへん大阪弁で言わないの意味、言えないは言われへんとなる。京都・滋賀・奈良では”言わへん”となる。

●でらん和歌山弁で出ないの意味。でらんとく→出ないでおく。

●ばんばん→京都でめっちゃの意味でたまに使われる。

●さぶいぼ鳥肌の意味

●モータープール駐車場の意味

●2回生大学2年生の意味、関西では大学生に限り、~年生と使わず~回生と言う。

●つきだしお通しの意味。関西ではかなりよく使う。

●こそばい関西でくすぐったいの意味。

●こまい神戸でよく使われる”細かい”の意味。大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山では”こまい”は使わない。

●ちんちん焼きベビーカステラのこと。神戸で使われる。

●おいど・・・お尻のこと。年配の人がまれに使うが、若い人は現在ではほぼ使わない。

●いねる・・・帰るの意味。和歌山でたまに使われるが、大阪・京都・兵庫などでは使われない。

●どやさどうですか?の意味、京都でまれに使われる。

●~さかいに昔は関西全般で使われていたが、現在は京都でよく使われる~だからの意味。

●かやくごはん→関西ではうどんとよく一緒に食べる炊き込みご飯のこと。九州で言う”かしわめし”。

●冷コ→アイスコーヒーのこと。年配者がたまに使う。

●押しピン画鋲のこと。比較的使われる。

●さし定規のこと。頻繁に使われる。

●カッターシャツ→Yシャツのこと。若い人でもよく使う。

関西ではよく使われるけど、関東やその他の地域ではやや馴染みのない言葉もあります。

ぜひ知っておいて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ