旧帝大・難関国公立大現役進学率ランキング

旧帝大・難関国公立大(一橋・神戸・東工大)現役進学率ランキング

1位 灘(兵庫) 51.4%

2位  甲陽学院 (兵庫)46.3%

3位  大阪星光学院 (大阪)37.6%

4位  刈谷(愛知) 33.9%

5位  北野(大阪) 33.5%

6位  白陵(兵庫) 33.1%

7位  久留米大付設(福岡) 33%

8位 六甲学院(兵庫) 32.9%

9位 東大寺学園(奈良) 32.9%

10位  西大和学園(奈良) 31.7%

出典 サンデー毎日2016/6/21発売号より

スポンサーリンク

総評

旧帝大(東大・京大・阪大・名大・北大・東北大・九州大の7校)の中に
関西の大学が2校(京大・阪大)入っていることもあり、
現役進学率上位10校のうち8校が関西の高校となった。

さらに、北野高校以外は中高一貫の私立校であり、
私立が圧倒的に強いことがわかる。

関西圏では早慶に匹敵する難関私大がないことと、
地元志向が強いことから、難関校ほど京大・阪大・神大や医学部を目指す
比率が全国的にも高いことから、上記のような結果になったと考えられる。

早慶上智・GMARCH・東京理科大・ICUなど難関私大が多い首都圏では
私大を目指す生徒が多い影響もあって、1校も入っていない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ