近視は何歳まで進行するのか?

近視は何歳まで進行するのか?

答えから言うと、20歳までですが、
多くの人は15歳をピークに大体20歳ぐらいまでで
進みにくくなります。

これは、眼球の成長が止まるのが20歳前後で、
眼球の成長とともに近視も進行するけれど、成長期を過ぎると
近視の進行も止まると言われています。

身長の伸びと似ています。

ただし、朝から晩までPCを使って、目を酷使している人や
勉強ばかりして目を酷使している人は20歳を過ぎても
進む恐れがあります。

また、一度近視によって悪くなってしまった
視力もほとんどの場合回復しないので、コンタクトやメガネで矯正するほかありません。

あなたが近視の進行を抑える為に出来ることは、必要以上に目を酷使しないことと、
見えないのに無理して裸眼で見ないことです

そうすると、必要以上に目の負担がかかってしまい、
近視が逆に進む恐れがあります。

以上、近視は何歳まで進むか?でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ