老眼は何歳ぐらいまで進むのか?

老眼は何歳ぐらいまで進むのか?

結論から言うと、65歳ぐらいまで進みます。

老眼は平均45歳ぐらいから始まり、65歳まで度数は進行していきます。

ですので、3年に1回は度数を変更しないと
見えにくく度数が合わなくなってきます。

ここまでのところいいですか?

次に、老眼鏡を買う際にどの度数を買えばいいのか?

スポンサーリンク

普段遠くを見るのにメガネがまったく必要ない目のいい人の場合

45歳 +1.00~+1.50

50歳 +1.50~+2.00

55歳 +2.00~+2.50

60歳 +2.50~+3.00

65歳 +3.00~+3.50

以上が年齢別の老眼鏡の度数です。

度数の強いメガネはどうもしんどいという55歳のあなたは
50歳の度数を参考にしてメガネを買うとちょうどいいです。

老眼が進んだからといって何も恥ずかしいことではありません。

誰もが必ずなるのが老眼です。

今回の記事をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ