夏になると太る3つの原因と対策

夏になると太ってしまうことってありませんか?

その原因について解説します。

1 水分の過剰摂取

暑いからついつい炭酸飲料とか飲んでスカッとしたいですよね?

汗もかいてるし、ちょっとぐらいいいやと思って飲みまくっていると
激太りします。

太るではありません。激太りです。

コーラとかスプライトとかカロリーのあるドリンク飲み物は
過剰摂取しないようにして下さい。

特に夜に飲むと太りやすいので、炭酸を飲みたい場合は朝とか昼に飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

2 基礎代謝の低下

夏は体温と気温が近いので、体温調節をあまりしなくていい分
冬に比べて基礎代謝が落ちます。

普段2000キロカロリー摂っている人も
1800カロリーにするとか微調整を自分でしないと1キロ2キロはすぐに太ります。

気をつけましょう。

3 便秘

夏は汗を普段よりかくので、体内の水分が不足しがちで、
便を柔らかくするための水分も減るので、便が固くなり、
排便しにくくなります。

となると、便秘になり太ってしまうんですね。

これはカロリーのない水分(水やお茶)をたくさん摂ることと、
ヨーグルトなどを食べて、腸の働きを活性化させることで解消できます。

意識して見て下さい。

以上。

夏に太りやすくなる3つの原因と対策でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ