老眼の始まる年齢と度数

老眼は何歳から始まるか?

個人差はありますが、早い人で40歳、遅い人でも50歳から始まり
およそ45歳から始まります。

老眼の兆候とするとご飯粒が見えにくくなってきたり、
新聞の小さい文字がどうもかすんで見えたり、
いつのまにか離してみる癖がついていたり・・・・・

こうなってくると老眼の始まりです。

老眼が始まっているのに老眼鏡をかけずに
無理して小さい文字を見ようとすると目に負担がかかり、疲れやすくなり
目だけでなく肩が凝ってきたり体にさまざまな影響を及ぼします。

だから、老眼が始まったなと思ったなら、早い段階で老眼鏡を入手して
無理なく見ることが重要です。

ここまでのところいいですか?

スポンサーリンク

で、度数はどの度数を買えばいいか?

例) やや弱めに合わせる場合

45歳 +1.00

50歳 +1.50

55歳 +2.00

60歳 +2.50

上記の度数を選べば、やや弱めに合わせているので慣れやすいと思います。

老眼鏡を買う際にぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ