関西弁へんとひんの使い方

関西弁へんとひんの使い方について。

●へん

イ段以外で終わる「ない」をへんで言い換える。

例)

見えない→見えへん

出ない→でーへん

負けない→負けへん

飲まない→飲まへん※大阪弁では飲まない→飲めへんになる

書かない→書かへん※大阪弁では書かない→書けへんになる

スポンサーリンク

●ひん

イ段で終わる「ない」をひんで言い換える。

見ない→みぃひん

しない→しぃひん ※大阪ではせーへんと言う

出来ない→できひん

関西弁の多くはへんを使うと9割OKで、
ないの前がイ段で終わるものだけ
ひんを使います。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ