サラリーマンの副業せどりの現状

サラリーマンの副業の1つにせどりというものがあります。

せどりとは何か?

分かりやすく言うと、リサイクルショップ(中古書店等)で105円で本を買ってきて
ネットオークションで1000円で売って差額を儲けるビジネスのこと。

他に家電量販店とかでプレミアが付いている商品を定価以下で買って
ネットで高く売るビジネスのことですね。

スポンサーリンク

僕自身も3~4年前から取り組んでいますが、
3~4年前はライバルも少なく、利益も3割前後は取れました。

しかも、利益が取れる商品もいくらでも見つかる。

非常においしかったんです。

で、現状はどうか?

ライバルが増えすぎて、価格崩壊しかけています。

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられるようになったり、
せどり専門の本が市場に出るようになってから
ライバルが急増してるんですね。

商品やジャンルにもよるけど、かなりセンスのある人なら2割程度は利益が取れるかもしれないですが、
普通の人なら1割かせいぜい1割5分ぐらいしか利益が取れなくなってきています。

となると、せどりで10万稼ごうと思ったら、100万使わないといけない。

これキツイですよ。

100万円仕入れに使うということは、1日3万3000円分仕入れに行かないといけない。

資金力があればいいですが、資金がないと自転車操業になって
仕入れに絶えず追われるか、最悪借金を背負うことになります。

そういう意味で、個人的には今からサラリーマンが副業で稼ごうと思うのなら、
せどりよりも、もう少し利益率の高いアフィリエイト等のビジネスに取り組んだ方がいいと思います。

よほどセンスがある人や仕入れ環境がものすごくいいところに住んでいるのなら
せどりをやってもいいとは思いますが、個人的には利益率が高くて、ある程度ほったらかしてても
稼げるビジネスをやった方がいいです。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ