自己都合退職でも失業保険を早く受給できる方法

一般的に自己都合退職の場合、給付制限があるので
なかなか失業保険がもらえません。

具体的に言うと、ハローワークに失業認定を受けてから7日間の待機期間
+3か月の給付制限期間があるので、最低でも約100日は失業保険が振り込まれないんです。

100日間無収入ってキツイですよね?

貯金があるならまだしも、貯金がない人にとってこの100日は地獄です。

スポンサーリンク

しかし、公共職業訓練校に通うことで、
この長い長い100日間の制限を撤廃出来るんです。

※給付制限目的のみで通ってはダメで、あくまで再就職目的で通うこと。

職業訓練の初日から基本手当が受給されるようになり、
会社都合で辞めた人と同じぐらいのスピードで失業手当がもらえるようになります。

しかも、職業訓練校では、以下の3つの手当がもらえます。

●受講手当(1日500円)

●交通費

●寄宿手当※家族と別居の場合
(月額1万円ちょっと)

さらに、職業訓練校では再就職という同じ志を持った仲間と出会えるんですね。

職業訓練校は退職が決まっていれば、
在職中でも申し込み可能ですので、給付制限をまるまるカットすることも可能です。

詳しく知りたいあなたはお近くの職安で1度聞いてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ