自己都合退職でも失業保険が早くもらえるケース

自己都合退職でも会社都合退職と同等と見なされて
失業保険が早くもらえるケースがあります。

自己都合退職の場合、失業保険が振り込まれるまで100日以上かかるので
場合によっては、生活に支障をきたしますので、今回の記事はぜひ知っておいて下さい。

スポンサーリンク

では、どのようなケースが該当するか?

1 会社の倒産による退職

2 解雇

3 給料の遅延(賃金の3分の1を超える場合)が2か月以上続いた

4 給料カット(85%未満)

5 月の残業時間が3か月以上連続で45時間を超え、
(タイムカード等証明できるものが必要)体調を崩した

6 理不尽な配置転換

営業職で採用されたのに、事務職に配置転換され給料が下がった等

上記のような場合、自己都合退職でも会社都合退職と同等とみなされ
特定受給資格者となり、給付制限なしで失業保険が早くもらえます。

退職を考えているあなたはぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ