社内ニートの実態と転職

現在、会社で仕事がほとんど与えられず、机で終日過ごす
社内ニート(社内失業者)が急増しています。

どれぐらいいると思いますか?

その数なんと465万人!

10人に1人は社内ニートなんです。

社内ニートは20代30代の若年層に多く、転職したくても
今の会社で何も身に付けられていないから
転職出来ず、どうしていいかわからない。

という人がほとんど。

スポンサーリンク

確かに、面接で前職のことを質問されても
何もしていなければ、答えようがないというのはあると思います。

しかし、このまま今の職場で何もしない状態が続くと思うと
無理ですよね。

では、どうするか?

まず、あなたの経済状態を考えます。

今仕事を辞めても特に問題ないのなら
スパッと辞めてしまうのが1番いいです。

今のままの状態が続いても、成長はなく
気がめいるだけなんですから。

ここはあなたの成長の為にスパッと退職して
素早く行動する。

それが大切。

次に、仕事を辞めたら生活が困る場合。

その場合、生活の為と割り切って今のまま我慢しましょう。

その間に急に仕事がまわってくることもありますし、
そこで事態が急展開することもあるんでもうちょっとだけ我慢です。

1年程度は様子見て、それでも改善されなければ
潔く退職した方があなたの為にもいいです。

その1年の間で何でもいいので何か1つ身に付けることです。

資格を取れとかいうのではなく、PCスキルを1つだけ
誰にも負けないぐらい身に付けるとかね。

ちなみに、PCスキルでいうと、動画作成とかがおすすめ。

動画作成って割と短期間で習得出来るし、
動画作れる人ってまだまだ多いようで少ないですから。

まず、あなたの状態を判断した上で行動すること!

それが社内ニートを脱出するための打開策です。

20代30代までなら、就職口はたくさんあるんで何とかなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ